「アゼライン酸クリーム」タグアーカイブ

アゼライン酸の配合されたクリームとは?

アゼライン酸は、穀類や酵母に含まれていている天然由来の酸で安全性の高い成分です。

大麦・小麦・ライ麦など日常的に食事やお菓子などで口にしていますよね。
特にクッキーやドーナッツ、パンやパスタ、うどんなどを食べる機会は多いです。
お菓子を食べてもニキビは減ることはありませんが(増え安いお菓子に注意して食べてね)
大麦・小麦・ライ麦などから抽出されたアゼライン酸はニキビを減らしてくれるのです。

この食べ物に含まれているアゼライン酸ですが、
海外では約30年もの昔からニキビ治療薬として使われていました。

ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界80カ国でニキビ用医薬品として使用されています。
でも、残念なことに日本では医薬品として認められていません。
うーん。残念です!

1.ダメ!気になるニキビを絶対触るな!実体験から言います。

ニキビが気になって思わず潰してしまうことってありますよね。
潰すとニキビの跡が残ってしまうので触らないようにしてくださいね。

「跡になることがある」と言われたら、
自分だけは大丈夫なんじゃないかと思って潰していたことがあります。
あとになってから本当にニキビ跡になってしまったことがあります。

なので、潰すとニキビの跡が残ってしまうことがあるのは本当なので
ニキビをなるべく触らないようにしてくださいね。
跡になりやすいのは赤く腫れた赤ニキビです。
自分で判断して潰すのは絶対にやめてください。ボコボコ顔になってしまいますよ。

赤ニキビ

ニキビ跡になってしまうのは、赤ニキビと言われているニキビで、
腫れてしまった細胞と一緒にハリを保つコラーゲンが一緒に壊れてしまうから。
赤く腫れてしまったニキビの膿を押し出してしまおうと考えるのはやめてください。
本当にクレーターになってしまいます。こうなると跡が消えにくいです。

2.ニキビに使われているアゼライン酸はどんなおくすり?

アゼライン酸はニキビのもとになる毛穴のつまりを解消してくれます。

毛穴詰まり

ニキビの始まりは、皮膚の角質が厚くなってしまうことにあります。
そして厚くなってしまった角質により毛穴がふさがった状態を面ぽう(コメド)と言います。
この毛穴のつまりが出来ることによりニキビが出来やすくなります。
毛穴のつまりを解消することでニキビが出来にくくなります。

ニキビが無い状態なら、一週間から二週間に一度は行うと良い
肌のピーリングでコメドを作らないようにできます。
でも、ニキビで肌荒れを起こしているときにピーリングを行うと
余計にニキビが悪化してしまうことがありますので、絶対にしないでください。

自分だけは平気だと思っちゃいけませんよ!
実体験から口が酸っぱくなるほど言ってしまいます。

過剰な皮脂
アゼライン酸は皮脂の分泌を抑えてくれます。

次に、ニキビの原因の一つとなっているのが過剰な皮脂の分泌です。
肌を守るために分泌された皮脂は時間がたつと酸化してかたまり毛穴をふさいでしまうことがあります。
この皮脂の分泌を程よく抑えることで、ニキビの予防、にきびの悪化を防ぐことが出来ます。

他にもアゼライン酸は、
ニキビ菌に対する抗菌、皮脂の抗酸化が知られており
シミの原因となるメラニンの生成を抑えることも期待されています。
元は美白のために開発された成分とのことです。

3.アゼライン酸を入手するには個人輸入で!

元は美白のための成分だったアゼライン酸はニキビのクリームとして世界中で使用されています。
でも日本では医薬品として認められていないため手にすることは出来ません。
自分で海外に買いに行くか、個人輸入代行を利用することで手に入れることが出来ます。

個人輸入は普通の通販とほとんど変わりがありません。
違う点と言ったら、返品は商品の特性上出来ないということです。
また個人で使用する分しか購入することはできません。

医薬品類:1ヶ月分
医薬部外品:1品目24個以内
化粧品:1品目24個以内
参考サイト: 「医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)」

詳しくは、個人輸入サイトのよくあるお問い合わせを確認してください。

>>アゼライン酸20%クリーム(AzacCream)はこちら<<

あわせて読みたい記事はこちら
アゼライン酸クリーム

アゼライン酸クリーム

20代 ニキビで困っていると思っていたら実は

10代のころはニキビが出来ても翌日にはしおれたように枯れて治っていたのに、
20歳代になって次々と出てくるニキビでとても困った経験があります。

10代の思春期にはニキビが出来てもすぐに治っていました。それは新陳代謝が活発だったからです。
同じように20代でもニキビが出来ても困ることはないと思っていました。

かわいい女の子イラスト

中学、高校もニキビなどの肌トラブルに出会ったことはなかったのです。
でも20代の半ばに近づくにつれてニキビがなかなか治らなくって・・・。焦る気持ちがすごかったです。
本当にかなりのストレスを感じていました。何が悪いのだろうと気になっていたのです。
スキンケアは気を使ってやっていて、皮脂も必要以上に落としてしまうということもほとんどなかったと思います。

Tゾーンは皮脂が出るのは普通のことで、頬はTゾーンと比べるとほとんど脂が出たことはありません。
ホルモンバランスの乱れ?ストレス?睡眠不足?そのいずれかだろうと思っていました。

そのため、洗顔や化粧水を変えてみたり、皮脂分泌が過剰なのかと思って脂取り紙を使ってみたりしていました。
化粧品はニキビの赤身を隠すために、コンシーラーも使っていました。そうなると厚化粧気味になってしまいます。
休日は、 肌に必要な栄養を与えるという感覚でコットンパックをしていました。
それでも何も変わることがなく、どんどんとニキビは増えていきました。

女の子イラスト

このままじゃ顔だけじゃなく、体中ニキビだらけになってしまうんじゃないの?
ニキビの原因が分からず全然治らなかったのでそんな不安があったのです。
皮膚科に行ってもビタミン剤を渡されるぐらいで、何も変わることがありません。
美容外科にでも行ったほうがきれいになるのでは?と内心思っていたほどです。

その後いろいろな経験をしてニキビは出なくなりましたが、たまにニキビになることはあります。
20歳代のころはニキビで困っていると思っていたらそれだけではありませんでした。
人目を気にしてしまう汚くなってしまった顔も、スキンケアもストレスの原因になっていたのだと思います。

いまだったら、「ニキビで暗くならないでね。アゼライン酸クリームを使ったらそんなに悩まなくて済むよ!」と教えてあげたいぐらいです。
あんなに時間とお金をかけてもニキビが治らなかったのですからそう思っています。

アゼライン酸クリームはニキビで困っている女の子の強い味方です。
市販のクリームと比べてもそんなに値段も変わらないです。
というか市販のクリームだとニキビはちっとも消えないですね。
市販のクリームでニキビが消えたらこんなには悩まないですよね。

あなたのニキビが一日でも早くきれいに消えてくれますように!!
祈っておきます!何もできなくでごめんね。

>>アゼライン酸20%クリーム(AzacCream)はこちら<<