20代 ニキビで困っていると思っていたら実は病気でした。

10代のころはニキビが出来ても、翌日にはしおれたように枯れて治っていたのに。
20歳代になって、次々と出てくるニキビで、とても困った経験があります。

10代のニキビと20代のニキビは根本的に何かが違う

10代の思春期には、ニキビが出来てもすぐに治っていました。
それは新陳代謝が活発だったからです。
同じように、20代でもニキビが出来ても困ることはないと思っていました。

かわいい女の子イラスト

中学、高校もニキビなどの肌トラブルに出会ったことはなかったのです。
でも、20代の半ばに近づくにつれてニキビがなかなか治らなくって・・・。

焦る気持ちがすごかったです。

本当にニキビに対して、かなりのストレスを感じていました。毎日、何が悪いのだろうと気になっていたのです。
スキンケアは気を使ってやっていて、皮脂も必要以上に落としてしまうということも、ほとんどなかったと思います。

Tゾーンは皮脂が出るのは普通のことで、頬はTゾーンと比べるとほとんど脂が出たことはありません。
ホルモンバランスの乱れ?ストレス?睡眠不足?そのいずれかだろうと思っていました。

しかし、学業でたまるストレスと、社会に出てからのストレスは全く性質の違うものでした。

そのため、洗顔や化粧水を変えてみたり、皮脂分泌が過剰なのかと思って、脂取り紙を使ってみたりしていました。

化粧品はニキビの赤身を隠すために、コンシーラーも使っていました。そうなると厚化粧気味になってしまいます。

休日は、 肌に必要な栄養を与えるという感覚でコットンパックをしていました。
それでも何も変わることがなく、どんどんとニキビは増えていきました。
顔だけではなく、顎の部分から首にかけてまで、ひどい有様でした。

女の子イラスト

身体中がニキビだらけになったらどうしよう?

このままじゃ顔だけじゃなく、体中ニキビだらけになってしまうんじゃないの?

ニキビの原因が分からず、全然治らなかったので、そんな不安があったのです。

皮膚科に行っても、ビタミン剤を渡されるぐらいで、何も変わることがありません。
美容外科にでも行ったほうがきれいになるのでは?と内心思っていたほどです。

その後いろいろな経験をして、ニキビは出なくなりましたが、たまにニキビになることはあります。
20歳代のころは、ニキビで困っていると思っていたら、それだけではありませんでした。

ニキビは病気になってから発生することがある

顔の皮膚は内臓の鏡なのですって。

じつは、内臓疾患や生理の乱れによるホルモンバランスの崩れからも、ニキビが出てしまうことがあるのです。

生理の乱れは、思いっきりきれいだった肌へ、突如現れます。

これは生理が毎月来ていても、排卵がされていなかったり、子宮内膜症であったりするとニキビが出やすいのです。生理が全く来ない生理不順でも、ニキビが大量に発生するのです。

なので、ニキビがぜんぜん治らない場合は、皮膚科と婦人科両方へ行ってください。

また、人目を気にしてしまう汚くなってしまった顔も、スキンケアもストレスの原因になっていたのだと思います。
いまだったら、「ニキビで暗くならないでね。アゼライン酸クリームを使ったらそんなに悩まなくて済むよ!」と教えてあげたいぐらいです。
あんなに時間とお金をかけても、ニキビが治らなかったのですから、そう思っています。

アゼライン酸クリームはニキビ肌にちょうど良い

アゼライン酸クリームは、ニキビで困っている女の子の強い味方です。
市販のクリームと比べても、そんなに値段も変わらないです。
というか、市販のクリームだとニキビはちっとも消えないですね。
市販のクリームで、ニキビが消えていたら、こんなには悩まないですよね。

あなたのニキビが一日でも早くきれいに消えてくれますように!!
祈っておきます!何もできなくてごめんね。

>>アゼライン酸クリームはこちら<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました