コントロールジェルMEはムダ毛の抑制化粧ジェル

2017.7.16|エステ 脱毛


★コントロールジェルME今すぐ購入するならこちら↓↓↓↓




コントロールジェルMEは、ムダ毛をおさえたいけれど
レーザー脱毛や光脱毛は時間がないから受けたくないと思っている人や、
カミソリ負けの連続でお肌がボロボロになってしまった方におすすめです。


なぜなら、コントロールジェルMEはムダ毛で悩んでいるけれど、
肌が敏感だったり、肌荒れしやすい方におすすめのジェルだからです。
しかも自宅で気軽に使えるのでお風呂上りに塗るだけで済みます。


また、まれにエステやなどで脱毛をすると肌が赤く腫れてしまって
水疱ができてしまう人もまれにいるみたいなのです。


わたしの肌は思っていたよりも頑丈だったようで、
光脱毛では肌荒れが起きることはありませんでした。


脱毛のカウンセリングに行って十分な説明があったとしても
肌荒れを起こさないと決まったわけではありません。


どうして肌荒れが起こる人と起らない人がいるのかというと、
それは肌の奥底に秘密があるようです。



1.レーザーや光脱毛は火傷を起こすから本当は危険なの?


肌の秘密その1

レーザーや光脱毛は毛根を焼くため、
肌の弱い人は肌の奥がケロイド状態になってしまうのです。
レーザーで焼くということは肌の奥だけは火傷をしている状態なのです。


見た目ではわかりにくいのかもしれませんが
毛根の部分は焼けているため火傷を起こしています。


なので、毛穴の奥に細菌が入ってしまった場合は
最悪なことに毛のう炎よりもひどい状態になってしまうのです。


毛のう炎とは毛穴の奥に細菌が入ってしまい炎症を起こしてしまうことです。
症状は赤く腫れて膿みが出たりしてしまいます。


毛嚢炎は一つの毛穴だけが炎症を起こした場合には
ほとんど目立たないのであまり気にしない人もいます。


これってあんまり気にしない人もいるけれど、
虫刺されのように大きな炎症が起こってしまったら困ってしまいます。
毛抜きや電気式の脱毛器を使うとこの炎症が起こってしまうこともあります。
やっぱり使うの怖いなぁと思ってしまいますよね。


2.どうして毛穴の奥が毛嚢炎になってしまうの?

肌の秘密その2

どうして毛穴の奥が毛嚢炎(もうのうえん)になり炎症を起こしてしまうのでしょうか?


それは肌の表面の細菌によって引き起こされます。
「黄色ブドウ球菌」や「コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(表皮ブドウ球菌)」が主な原因です。


この細菌は常に皮膚上に生息しているため免疫力が低下してしまった場合や
慢性的な皮膚病により肌がダメージを受けることで細菌が毛穴奥の毛包部分に入り込むことで起こります。


また、細菌は炎症を起こしやすい肌の弱い部分で繁殖しやすいのです。
カミソリや毛抜きによるムダ毛処理で肌が傷つくと、細菌がついて繁殖してしまいます。
そのため毛嚢炎が起こりやすくなるのです。
毛嚢炎は数が少ない場合は自然に治ります。


3.ムダ毛の処理はどうしたら一番安全なの?

顔の産毛なんかもふさふさしてしまうと気になってしまいますよね。
レーザーや光脱毛、毛抜きやかみそりで肌が荒れやすい人はいったいどうしたらよいのでしょうか?


その場合は塗るだけの抑毛剤を試してみるのも一つの手段です。
ごわつく毛は柔らかくなっていくため肌触りも変わってきます。


カミソリ負けや肌荒れを起こしやすい方は、コントロールジェルMEのような抑毛剤を使ったほうが良いのです。
肌の表面を整えてくれるジェルを一度は使ってみたほうが剛毛が柔らかく感じられるようになります。


有名なのはパパイン酵素ですが使ったことがあるけれどいまいちでした。
でもこのコントロールジェルMEなら合わないと思っても100%返金保証がついています。
だから安心して使えますね。


コントロールジェルMEのまとめ


お風呂から出たら塗るだけの超簡単1分だけのケアですべすべつるつるのお肌に。
植物成分がお肌のダメージをやさしくケアしてくれます。
厳選された高品質な天然由来の原材料を主成分としているので小さなお子様でも安心して使えます。
60日間返金保証がついているので安心して試すことが出来ますね。


★コントロールジェルME公式サイトはこちら↓↓↓↓





この記事にコメント

*

トラックバックURL