靴のにおいを取る消すグランズレメディ

2017.3.24|ボディケア 未分類 足のにおい

このエントリーをに追加

ブーツ
どこかに出かけた時に靴のにおいが気になることはありませんか?
靴のにおいがひどいときは、座敷に上がるときや、訪問した先でのスリッパにまで
足のにおいがうつってしまわないかと心配になりますよね。


または、誰かに足のにおいを指摘されたりしたら・・・。
もうその人とは顔を合わせづらくなってしまう可能性は高いですよね。


足や靴のにおいで、他の人に不快な思いをさせてしまうのもイヤですし、
自分が「不潔な人」「足のくさい人」と思われてしまう可能性もありますよね。


わたしも、自分が「足のくさい人」だと思われてしまいそうになったことがあります。
それは、春先のこと温泉旅行に友だちといったときのことです。
その日はストッキングをはいて、合皮のブーツを履いて一日を過ごしていました。


この時は何も気づいていなかったのですが、
宿泊先の部屋に入りブーツを脱いだあとにとても嫌なにおいがしていました。


旅館についてスリッパに履き替えて、部屋で一休みをしました。
部屋の入口の横、右側に洗面所があり、その隣にトイレがあります。


トイレに行こうと思って、部屋の入り口を通ったときです。


うわ!なにかがくさい!

女性が鼻を押さえている
それぐらいツーンとしたにおいがしました。
(どこから臭っているんだろう?)
本当に臭くて、においの元が自分のブーツだと気づくまでに少し時間がかかりました。


「これは臭すぎる!バレたくない!!」


臭いのは自分のブーツだけだと分かり、
何とかにおいを消さなくっちゃ!!
とっさにそう思いました。


あとから知ったことですが、
吸水性のないストッキングと、通気性の悪い合皮のブーツをはいていたため、
ブーツの中で雑菌が繁殖してしまったようです。


じつは、合皮の靴のほうが値段も安くてデザインも可愛かったので購入したのです。
合皮の靴は、「足が臭くなる」と人からは聞いていましたが、
まさか、こんなに臭くなるとは思っていませんでした。
ほんとうに、自分の足が臭くなるとは思っていなかったのです。


このにおいブーツを脱いだときは疲れていて気づきませんでした。
靴を脱いでからしばらくして、ブーツを置いた場所が臭いことが分かったのです。


幸いにも、ストッキングは部屋ですぐに脱いでいたので、そんなに足は臭っていませんでした。
でもストッキングはかなり臭いにおいがしました。洗ったのに匂いが染み付いています。
もしかしたら友達は,足のにおいに気付かれていたかもしれません。
言われてもいないので、気づかれていたとは思えませんが・・・。


あわてて、臭いものに蓋をするようにブーツはにおいがしないようにしました。
あえて、扉の真横にある空調用の隙間の近くに置いて、臭い空気を逃してバレないようにしたのです。
この時は本当に焦りました。


あなたも、こんなふうに、靴のにおいで慌ててしまった経験はありませんか?



靴のにおいについては後で調べました。
調べてみると

靴のニオイのもとになっている成分は、
足の裏や足の指、かかと部分からはがれ落ちた皮膚や角質です。
つまり垢となって剥がれ落ちたものなのです。


その垢には、もともとついていた常在菌がいて繁殖します。
また、靴の中で繁殖した雑菌も水分とまじり悪臭を放つのです。


通気の悪いブーツですから、履き続けているムレた状態になり雑菌が増えていくのです。
そして、臭いと思ってしまう「イソ吉草酸(きっそうさん)」と呼ばれる臭いが発生するのです。


本当に臭かったです。


この経験をしたときにこのしたときに、いま使ってるこの靴ケア用品があったら良かったのに・・・。

そんなことを思い出しました。

グランズレメディ

グランズレメディは、
アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスでも大ヒットしたという!
ニュージーランド生まれの靴用除菌・消臭パウダーです。
たまたま見かけて購入したのですが、靴の臭さがウソみたいになくなります。


もし、足や靴のにおいが気になるのなら、
靴の臭い取りには、グランズレメディという救世主がいますよ。


>>グランズレメディ(Gran’s Remedy)オリジナルはこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL